インディカーの歴史

インディカーの歴史は、それほど深いものではありません。
そもそもインディカーが誕生したのは、1996年のことなのです。
1994年に当時インディ500を開催するインディアナポリス・モーター・スピードウェイの社長さんが、自らが主催するシリーズを造りたくて、誕生させたものがインディカー・シリーズなのです。
1996年にCART分離独立する形で発足したシリーズなのです。
インディ500を頂点に掲げて、オーバルを中心にロード・ストリートコースを組み合わせたスケジュールになっています。
当初は、CARTで使用していたマシンをそのまま使う形でレースを進行していたのですが、1997年には既に、独自のレギュレーションにより運営するようになっていました。

現在のように、フォーミュラーレースのメジャーレースとなったきっかけは、2003年です。
2003年に日本のトヨタやホンダがIRLへ移籍表明を行ったことによって、今までCARTに参戦していた有力なドライバー、有力なチームも挙って移籍をしようとしたのです。
このことがきっかけとなり、一気にメジャーとなったのです。
もちろん、"インディ500"糧があったからなのですが…。
2002年よりインディカー・シリーズという名前になっていて、現在はアメリカだけのスポーツではありません。
日本で開催されることもありますし、ファンも多いのです。