インディカードライバー

アメリカではメジャーな競技スポーツとして知られている「インディカーシリーズ」の中でも、特に有名なドライバーさんたちを紹介していきます。

歴代チャンピョンの中にも、有名なドライバーさんたちがいます。
1996・1997年のチャンピョンであるアメリカの「トニー・スチュワート」です。
ラッシュビルロケット、コロンブス彗星、スモークという愛称があります。
日本国内では、の「トニー・スチュワート」の豪快な走りから「NASCAR界の暴れん坊」と紹介されることも多いです。

それから、歴代チャンピョンの中には「サム・ホーニッシュJr」という、2001年、2002年、2006年にチャンピョンに輝いているという人もいました。

日本人でのドライバーさんの数は、そんなには多くありません。
過去には、松田秀士さん、野田英樹さん、高木虎之介さん、中野信治さん、服部茂章さん、レーサー鹿島さん、岡本章平さんがいました。
中でも、1996年の最初のシリーズから参戦したことでも松田秀士さんは名前が知られています。
高木虎之介さんは、2003年のインディ500で"ルーキーオブザイヤー"に輝いています。
2009年シリーズに参戦するのは、武藤英紀さん、ロジャー安川さん、松浦孝亮さんです。
ロジャー安川さんは、アメリカ国籍なのですが日本国内で日本人として扱われることが多いです。
それから、松浦孝亮さんは、2004年ノインディ500 シーズンルーキーオブザイヤーに輝いています。